スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンピメモ その2 - 交叉する双剣 

まとまった考察をするには情報が足りない。
なんらかの仮説の材料にはなりそうだが現状では使い道がない。
いずれ答えは明かされるのであろうが今はわからない。

そんなちょっとした布石や伏線、あるいはそうと思われる描写を、
備忘用に書き留めておこうと思います。

ネタバレは 「ジャンプ最新号」 に常時沿っているので、
コミックス派の方はご注意ください。
続きを読む
スポンサーサイト

ゆで理論のウソとマコト 

うさんくさい、とにかくうさんくさいことで知られる 「ゆでたまご理論」。
うさんくさいばかりでなく、
時には明らかに間違っていることでも必要以上に知られる 「ゆでたまご理論」。

今回は、そんな 「ゆで理論」 の中から、「うさんくさそうでいて実は合理的」 という、
奇蹟のような 「ロビン戦法」 をひもといてみようと思います。

題材が題材なだけに 「何を今さら」 と思われる方も多いでしょうが、
どうも 「ゆでだから」 とあしらわれているばかりのような気がしてヤキモキというか
ネタとしてしか捉えられていないのがもどかしいというか
確かにうさんくさいけど、
実はそうであるばかりでもないんだよということを自分の言葉で表現したいというか
ブチ砕いて言うと俺が書きたくなったので書くよ
続きを読む

ONE PIECE メモ 

まとまった考察をするには情報が足りない。
なんらかの仮説の材料にはなりそうだが現状では使い道がない。
いずれ答えは明かされるのであろうが今はわからない。

そんなちょっとした布石や伏線、あるいはそうと思われる描写を、
備忘用に書き留めておこうと思います。

今回は 「ロジャーの生い立ち」 について。
いきなり大仰な表題だけど、上記のとおりそれほどたいした内容ではないよ。

ネタバレは 「ジャンプ最新号」 に常時沿っているので、
コミックス派の方はご注意ください。
続きを読む

俺たちはとんでもない思い違いをしていたのかもしれない 

俺たちはというかまあ、俺はなんですが。

内容は、現時点でほぼ一般化している (wikiにも記されている
「エースのタトゥーの “Sに×” はスペルミスを修正したものである」
という通説に関する考察です。

なお、2010年6月現在での単行本未収録分の内容を多分に含んでいるので、
コミックス派の方はご注意ください。
続きを読む

ジャンプ 2010.29号感想 

ONE PIECE もない、HUNTER×HUNTER も当然ない。
結構本気で買わなくてもいいんじゃないかと思ってしまった今週号。
いやまあ、ちゃんと買いましたけど。

なんだかヤル気なさげに見えるけど、決してそんなことないよと断ったうえで以下どうぞ。
あ、久しぶりに新・テニスの王子様感想も書いたのでそっちもよろしく。
続きを読む

新テニスの王子様 第29&30話感想 

新テニスの王子様キャラブック「ペアプリ」 5 (ジャンプコミックス)新テニスの王子様キャラブック「ペアプリ」 5 (ジャンプコミックス)
(2010/03/04)
許斐 剛

商品詳細を見る

  ↑ランキングの推移が記されているということで俄然気になりだした一品。
勘弁してくれよ! だから俺貧乏なんだってば!

ということで、実に1年近くご無沙汰だった 『新・テニスの王子様』 感想を電撃的に復活。
ほとんどの方は既にご存知でしょうが、今号は、それほどの破壊力があったのであるよ。

と、実は前話を読み損なってしまっているため、(*1)
もしかしたら頓珍漢なことを言っているかもしれませんが、
そこはいつものように見逃してやってください。

(*1) 「テニスの王子様が休載」という事前情報があったため、5月号をスルーしてしまった。
   そしたら、休載はその次号、つまり6月号だった

ということでジャンプSQ 7月号分の『新・テニスの王子様』 感想、以下どうぞ。
続きを読む

ジャンプ 2010.28号感想 

ぬらりひょんの孫キャラクター公式データブック妖秘録ぬらりひょんの孫キャラクター公式データブック妖秘録
(2010/07/02)
椎橋 寛

商品詳細を見る

コミックスと同時発売であるというコレ。
初版特典に初回出荷特典に描きおろし漫画に描きおろしロングポスターと、
CDドラマのときもそうでしたが、特典にえらい気合が入ってます。
椎橋先生は本当に筆が速いんですね。
特に初回出荷特典が 「描きおろし漫画つき羽衣狐様通信ペーパー」 だとう…!?
そそる…そそるぞ!
ただ肝心の 「公式キャラクターデータ」 の部分に感じる “畏れ” が弱いなあ。
どうしますかね、貧乏人。

本誌の感想は以下からどうぞ。
続きを読む

ONE PIECE 第588話感想 

表紙の “O” の部分が太陽になってる 『ONE PIECE』 のロゴがなかなかよいです。
「サニーにサニーを願って!!」 というのはまあ、
同じ意味の言葉なんで掛詞としてイマイチなんですが。

ということで、ジャンプ2010.28号分のワンピース感想、以下どうぞ。
続きを読む

ジャンプ連載作品格づけ表 

ふと思いたって、ジャンプに連載されている作品群を、
自分がどうランクづけして認識しているかを整理してみました。
理屈っぽい奴だと思われるかもしれませんが、
「理を知らずしてどうして感が語れよう」 をモットーとしている俺様なので、
そこは仕方ないのですよ。


 【凡例】
・クラス
作品の雑誌内での地位。
【看板】【主力】【中堅】【下層】【新連載】【分類不能】 の6段階。
それぞれの定義や分類基準は、以下の項目に記してあります。

・連載中の作品
現在ジャンプに連載されている作品から、該当分類に属するものを挙げてあります。
主観を可能な限り排して客観視に徹し、
単行本の売り上げやメディアミックス状況なども考慮することで、だいたいにおいて、
多くの方に 「大同小異」 と評していただけるものになっているかと思います。

・過去作品
既に連載終了している作品の中からも、
古すぎないもの (終了より3~4年以内あたりまで) を参考として載せてみました。
あくまで参考であるため、
個人的に印象に残っているものに限定していることをあらかじめお断りしておきます。
また、他誌へ移籍した作品や、性質が 「企画」 に近かった作品などはカッコづけで記載。

・定義と釈義
クラスの定義と雑誌内での扱われ方、分類の判断基準など。
作品に対する認識に関しては、読者視点と作者視点、編集部視点が混在しています。

・現状と今後の変転
クラス全体の現況の他、現在そこに属している作品の置かれた状況や、
新たに参入してくる様相を呈している作品についての推察。


と、1から10まで理屈っぽい奴ですが、以下どうぞ。
フォントサイズは 「小」 でお願いします。
続きを読む

ジャンプ 2010.27号感想 

こうして我々は、HUNTER×HUNTER のないジャンプの発売を迎えたのであった。
アンケートハガキ、「質問に対して該当する作品を (1)~(26) から選んでください」 で、
HUNTER×HUNTER は (27) と記入してください」だってさ。 ハハハ…。

ということで力を抜き過ぎない程度に以下どうぞ。
ワンピース、ぬらりひょんの孫の感想は別記事にて。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。