スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE PIECE 第583話感想 

はー、危なかった。
や、また週ギリギリになってしまったことではなくて、いやまあそれもそうなんですけど、
何故だかまた筆が全く進まなくなりまして。
以前に更新が止まっちゃったのも、この謎の悪癖のせいだったんですよね。
だが俺は以前とは違うぜ!ってことでなんとか漕ぎつけましたが。

というわけで第583話感想、以下どうぞ。

 
 第583話 “不確かな物の終着駅”

■ 扉絵
水着美女に冷たくあしらわれるホグバックと、
相変わらずというかなんだかよくわからない生物にモテモテのアブサロム。
本当に何の生物なんだこれは。
ONE PIECE世界には獣人はいないはずですが…
本編とは無関係のお遊び絵ってことでいいんですかね。
パラソルには「KONKATSU」…って、結婚活動かよ!
オマエら、主が大変なことになってる (なってた?) 間に何をやっとるんじゃあ。
しかも、周囲をよく見ると普通に子どもも遊んでるし、
別に婚活パーティとかじゃなくてこいつらが勝手にやってるだけかよ!
あくまで本編とは無関係だよね、これ?
さすがに、「モリアがマリンフォードで戦っているその頃、彼らは…」 の図とかじゃないよね? よね?


■ ダダン
「おれ」「山賊大嫌いっっなんだ!!」
まさかのヒグマ再登場!!!!!
まああくまで回想の中での回想という形でですが。
でもこのセリフ、ちょっとルフィらしくない気がします。
ルフィなら、海賊だろうが山賊だろうが
「あいつはあいつ、おまえはおまえ」 と考えると思うんですが…人格もまだ形成途上なのかな?
さて、いかにもエースに振り回されて
苦労と迷惑ばかりかけられてきたような印象を読者にもたせてきた彼女。
「あの肉もこの肉もエースが獲ってきた野牛の肉だ!!
 あたしらにも分け前を渡す事で食卓に並ぶんだ」
しっかりエースの世話になってらっしゃる
なにこれ、むしろ食わせてもらってるんジャン? エース様様ジャン?
「山賊界は不況」 らしいですが、これまでの作中描写などから、
主たる交通が海路であることは一貫した世界観設定だと推測されるので、
山越えに限らず陸路はあまり発達しておらず、獲物も少ないためでしょう。
でもそれだと、山賊界は万年不況ということになるんですが。

「ホラ見ろ 逞しすぎだろ!!! だからヤなんだよガープの孫なんて!!!」
このセリフが何故か妙におもしろくて笑ってしまったんですが、
逆に 「手がかからなくていい」 という発想にならないあたり、
ダダンはガープに 調教 訓練されきっているようです。
ちなみに…「ミミズもカエルもヘビもキノコもここが森なら腹一杯食える」
想定している獲物が、らしくもなくみみっちいです。
どうやら、狼や虎や熊にからは逃げることしかできなかったり、
ワニやら鳥やらにボロボロにされたりしているところからしても、
この時点ではまだそういった獣を獲れるだけの力はなかったようです。

エースに興味をもつルフィ。
きっかけは 「なんとなく」 という程度のもののようですが、
フーシャ村には子どもの姿が見られなかったので、
今まで同年代の友だちというものがいなかったせいもあるのかもしれません。
「直後に大喧嘩する」 から入った第582話感想での俺の予想は、開口一番はずれました
当たったのはヒグマ再登場くらいです。あ、一応 「ルフィさらわれる」 も当たったか。
それはまあだいたいいつもどおりなのでさておくとして、
「ツバつけられた事 おれはもう怒ってないぞ!!」
「ただ酒をかけられただけだ 怒る程の事じゃないだろう?」
こういう、これまで積み重ねてきたものが現在とつながる一瞬は本当に胸にくるなあ。
(作中時間ではなく、現実時間としてね)
ちなみに、俺なんかは
「酒は我慢できてもツバは嫌だなあ」 などと小物全開の感想を抱いていたんですが、
one piece_06ここまで織り込み済みかい!!

どうでもいいことですが、初日のルフィのシャツの柄は、
第551話感想でも無駄に力いっぱいチェックを入れた 「56(ゴム)」 なんですが、
何故か吊り橋のシーンだけ錨のマークになっています。作画ミス?

「“鬼の子”だよ!!? 万が一政府が嗅ぎ付けてみなよ」
「あたしら一体どんな目にあうと思う!!?」
このあたりは、ロビンも渡り歩いた先で色々な人に同じ扱い受けてますね。
しかし、それらの人々はいざとなったら追い出したり、海軍に売ったりすればよかったわけですが、
喉下にゲンコツ突きつけられた彼女らの場合は、それすらできません。
そのダダン、嫌がってるように見せて
なんだかんだと世話を焼いてくれるタイプなのかと思っていましたが、
普通に情薄い (幸も薄いけど) 小悪党のようです。
今のところ、彼女に預けたガープの意図が全く解りません
にーの人やまーまーの人なんて、溺れたルフィを介抱してくれたりまでしてるのに…よい悪党じゃな。
もちろん、ルフィに死なれたら
ガープにひどい目に遭わされるのを懸念してのことかもしれませんが、
わざわざルフィの後をついていってるんですかね、この人ら?


■ “不確かな物の終着駅”と少年サボ
やっとの思いで森を抜けると、そこは流星街でした。違う。
きっと、ゴミ山の陰ではマリオとかいう男が、
兄がじいさんを殺しただの金を盗んだだの日本に渡るだの母さんが守ってやるだの
ゴチャゴチャやってることでしょう。もっと違う。
ところでこのゴミの山、よく見るとジェットコースターのものと思しきレール
(列車のものとしては小さいし、形も不自然) や観覧車のゴンドラ、回るティーカップなど、
遊園地を連想させるものが結構目につきます。
さすがに距離が離れすぎてますからシャボンディ諸島のそれとは関係ないでしょうが、
遊園地 (?) が施設ごと廃棄されるような事件がなにかあったのでしょうか。
不況で潰れた山賊ランドとか。

そして、謎のフレーズ 「サボ」 の正体がここで明らかに。
人名という可能性もきちんと挙げておきながら、
それを却下したうえで地名を選んではずしているところが実に実に俺らしいですが
そんなことはどうでもよく、
彼にまつわる何かが、エースにひとつの生きる意味を与えることになるわけです。
10歳ということはエースと同い年ですね。
そしてシルクハット!
本来ならばどうということもないアイテムですが、ラフィット、ビスタときて
エースの関係者がシルクハットをかぶっていると、やはりチェックを入れずにはいられません。

そのサボ、エースともども悪いカオで 「殺そう」 などと言っておきながら口だけだったり、
わざわざ 「本物の刀」 などと言ってみたりで耳年増 (?)ぶりがかわいいですが、
「おれ達は絶対に」「くいのない様に生きるんだ!!!」
という、「悔いを残して死んだ誰か」 を想像させるセリフや、
7年後にエースがひとりで旅立っている点からしても、
故人である可能性が高いように思われる人物です。
ただ、仮にサボがこの回想編の中で死ぬにしても、
このままブルージャムなりポルシェーミなりに殺されるという可能性は低いように思います。
さすがに、
one piece_04
大事な相棒が死んだ直後に
こんな弾けるような笑顔で義兄弟の結儀はしない
でしょうからね。
などと思いつつよく見ると、杯がもうひとつあるようにも映ります。
one piece_05

となると、ルフィはサボとも義兄弟であったことになります。
「ルフィ奪還 → 義兄弟結儀 → サボ死亡」 の流れになっていくんでしょうか。

と、いかにもサボが死ぬと決めつけた言い方をしてきましたが、別にそうとも限りません。
例えば、サボがさる地位ある家柄の御曹司であり、
その窮屈な家が嫌で飛び出してきた家出少年であったとします。
しかし、結局連れ戻されて籠の鳥のような生活に押し込められてしまった…という展開であっても、
一応上でのセリフにはつながりますから。
むしろ、こちらの形の方が、
「いつか必ず海に出て!! 思いのままに生きよう!!」「誰よりも自由に!!!」
の述懐には不自然なくつながります。

ちょっと順番が前後してしまっていますが……
「何で捕まってんだよ――!!!」
相手が海賊だから、でしょうね…。
この時点でのルフィは、恐らく赤髪海賊団しか知らないと思われます。
彼らがなまじ陽気で愉快でわりと無害な面々だったから、
ルフィは海賊全てにそういったイメージをもってしまっていたんでしょう。
もっとも、ポルシェーミの声が聞こえた時には海賊と知らずに嬉しそうな表情をしているので、
殺されそうなところを助けてもらったと考え、礼でも言いにいったのかもしれませんが。
で、無意味に捕まってしまったルフィを
アオリにもあるように助けるか見捨てるかという当然の二者択一。
確かに、エースに命懸けでルフィを助けるほどの縁はありませんが、
ルフィから宝の隠し場所が漏れるのを防ぐために仕方なく助けに行くという展開は……
隠し場所変えればいいだけだ。
んー、この頃のグレたエースであれば見捨ててもおかしくないんですが、
まあ、なんのかんので助けに行き、弱虫で世話の焼ける「弟」になっていくんでしょう。


■ 海賊と少年エース
“海賊王”たる父の血を忌み嫌うエースが海賊になろうとするというのは、
いったいどういった心情によるものなのでしょう。
ルフィに対しては 「“ひとつなぎの大秘宝”を狙う」 と告げていたようですが、
その所以もまた疑問に思えるところです。
父の影響あってのことなのか、あるいは真逆に、父への反発ゆえなのか。
(少なくとも 「父の汚名を晴らすため」 というような理由ではないはず)
はたまた単に、蔵馬が盗賊になったように
「力と財産が一挙両得できる最もポピュラーな職業だから」 なのか。
「おれが本当に欲しかったものは」 「…どうやら“名声”なんかじゃなかったんだ…」
というセリフからは、名声を欲していた時期もあったように読めますが…?
彼の境遇で生き場を求めるとしたら、
それこそ海兵になろうとする方がよっぽど自然ではあるんですけどね。
また、エースは旅立ちの際にはヨットのような小船を用いており、
結局この金は奪われてしまったのか、
船を買えるだけの額は貯まらなかったのか、
金は貯まったが船を買うのはある程度人数が集まってからにすることにしたのか、
といったところも気になるところです。
とりあえず、“スペード”の旗を掲げたのはそれなりの船を入手してからの模様。
参考までに、10年後にあたる“現在”の相場に拠れば、
「3億出せば最新の船でも造ってやれる」 そうです。アイスバーグ談。
10年前ならもっと安いかもしれませんし、出来あいの船を買うなら更に安くなるかもしれません。

それにしても、
one piece_0710000ベリー紙幣の肖像がガイコツで、
one piece_085000ベリー紙幣の肖像が謎のクリーチャーって、
何だこの紙幣


『HUNTER×HUNTER』 第307話感想も読む
2010.23号のその他の作品感想も読む


にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ←お気に召しましたら、一押ししてくださると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ベリー紙幣

紙幣のデザインは単行本のコーナーSBSで設定された物が使われた形ですね

ハイ、そうですね!
アレですね! コミックス第53巻のアレですね!
ガイコツユキチですよね!
もちろん気づいてましたよ! 当たり前じゃないですか!!
……や、ありがとうございます。
何故か完璧に記憶から抜け落ちておりました。
あ、いや、ちゃんと気づいてたけどね!?

でも、わざわざこうして補足してくださったということは、
俺が見落としてるのを見抜いておられたということでしょうか…。
や、気づいてたけどね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hakobore.blog85.fc2.com/tb.php/105-aedaecd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。