スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE PIECE 第594話感想 (後半) 

このワンピース感想の…後半の呼び名を知ってますか?
無駄に膨大な分量を誇るその 「ハバキのワンピース感想」 を…
人はもうひとつの名前でこう呼ぶんです。



“新世界”!!


はん、ウソだよ。
ということで、ようやくジャンプ 35号分のワンピース感想の完成です。 前半はコチラ
 
 
♪ チャーララーララー (場面転換のときに流れるトランスフォーマーの曲)
海軍パートを中心にまとめた前半に続き、主に海賊パートとなる後半です。
コンボイの謎以上に謎が謎を呼ぶ!

 ■ おいでませ “新世界”
・“キャプテン” の野望
キッドの問いかけに、“十六点鐘” の意味をつぶさに説明してのけるキラー。
意味のみならず由来まで説いてしまうあたり、並大抵の博識ではありません。
ひょっとして彼も元海兵だったりするんでしょうか。
ドレークが彼とウルージの諍いを仲裁したのも、そのからみだったりして…。
そして、「大昔」 か…。 チェックしておいた方がいいのかなあ。
でも、尾田先生の手法として、「年代」 が何かのカギになってる場合は年数を明記するか、
少なくとも 「数十年前」 「数百年前」 というような最低限の指定はしますよね。
単にキラーがそこまでは知らないというだけなのか、
特に今後に関わってくるような情報ではないからということなのか、
はたまた現時点ではまだ明記したくない理由があるのか…。

ルフィの奇行に関して、
キッドたちの視点からしてみればまあ妥当といえる推論に落ち着きましたが (ブランニューも)、
これ自体はまず間違いなく尾田先生のミスリードですよね。
この行動の目的が 「仲間たちへのメッセージ」 であることは既に明言されています。
である以上、とりあえず新時代云々という話ではないでしょうし、
キラーが説明したような海軍式の儀礼そのままの意味では、
そのメッセージも仲間たちに伝わろうはずがありません。

相手の活躍をしっかり認め、そのうえで巻き返しに自信を見せるキッドはかっこよし。
ルフィだけでなく、もうひとりのライバルであるローも、
医者という立場を有効利用してちゃっかりメインストーリーに一枚噛み、
キャラ的なランクをアップさせた今、キッドもうかうかしていられません。
と、張り切って撃破した海賊は “新世界” から逃げ出そうとした敗残兵でした。
キッドの逆襲にはもう少し時間がかかりそうです。
まだ入ってきたばかりのクセに 「この海に来るんじゃねェよ!!!」 と
知ったかぶって “新世界” を語ってることに関するツッコミはさておくにしても、
この絵はかっこいいなあ。
でも俺は、
“人が磔にされてる絵はどんなカッコイイシーンであっても笑ってしまう病” を患ってるのであった。
おのれルドルフ…クラウザー!! いやルドルフは関係ないけど。
と、ところどころでその背後に覗いてる巨大黒豚?は、
どうもこの腰抜け海賊団の構成員でもなければキッドの一味でもないようです。
キッドに “新世界” の洗礼が迫るか?

“新世界” に比べれば、
“偉大なる航路” 前半など “楽園” と呼んで差し支えないヌルい海だったそうです。
「“偉大なる航路” が楽園」 といえば、ゼフがルフィに
「“偉大なる航路” を 『楽園』 と呼ぶ奴もいる」 と語ったくだりが思い起こされますが、
あれはここにかかってきているのでしょうか。
だとしたら意味的には正反対に近く、ゼフの認識もだいぶズレていたということになりますが…
まあ、ゼフが “偉大なる航路” をどこまで渡ったのかは不明なので仕方ないか。
“新世界” までは至っていないのかもしれないし、
もっと別…というか、裏の意味もあるのかもしれませんしね。

なんにせよ、普通は 「“楽園 ”を追い出されて “新世界” へ辿り着く」 ものですが、
“偉大なる航路” は逆のようです。


・“ギャング” の受難
メシ食ってたらなんかすごいことになったベッジさん。
この人はいつもメシ食ってるな。
シャボンディ諸島での初登場シーンでもメシ食ってたし、
ある意味では “大喰らい” よりずっとメシ食ってます

で、そんな “メシ食い” ベッジを襲った怪奇現象ですが…
巨大な飛行物体に吸い上げられて…どうなったんだ? ガシャンて。
この巨大な謎物体に捕獲されたってことでいいんでしょうか。
思いあたるのは “金獅子” のシキですが…
ここから 『ストロングワールド』 に話がつながるんですかね。
あるいは単に “新世界” ならではの規格外な者たちの仕事なのかもしれませんが、
いずれにしてもベッジがここでリタイアする可能性は高そうです。
まあこの人は容姿的にどう見ても “新世代” ってトシじゃないからね。
間引かれてもやむをえまい。

・“魔術師” の予言
“出オチの茶ひげ” こと出オチの “茶ひげ” ふたたび。
しかし、次に出るときが死ぬときに決まってた “茶ひげ” なんぞより、
密かに死相が出ているホーキンスの方が心配です。
“茶ひげ” がいるということは、ここはFOODVALTENなんですよね?
“白ひげ” がナワバリにしていた以上、この地にはそれなりの意味があることは間違いなく、
その “意味” 次第では、
「“白ひげ” のナワバリを知り尽くしている」 ティーチが “回収” に現れる可能性は高い。
ひとたび出会ってしまえば、Lv.6の囚人を加えて大幅戦力アップした彼らが相手では、
さしもの2億超えのホーキンスとて、勝つことはもちろん逃げきることも難しいでしょう。

ホーキンスは億超えルーキーズの中でも好きな方なので、
このまま何のドラマも見せ場もなくティーチに殺られるのは勘弁してほしいところですが…。


・“怪僧” の困惑
文字数が少ないせいか、妙に大きい名前表示が笑えるウルージ。
稲妻がズビズバ降り注ぐとんでもない島にご案内され、
思わず 「無茶を言うな!!! どう上陸しろというんだ!!!」 と
極めて普通のツッコミを入れてしまっています。
オイオイどうした “怪僧” さんよ、動揺のあまりキャラが崩れてるぜ。
そこはちゃんと 「無茶を言いなさるな!!! どう上陸しなさるんだ!!!」 と言わないと、
海賊新時代は生き残れないぜ。 キャラづくり大事。

“雷島” というところでしょうか。
あれだけビシャビシャ落雷してよく 「島」 のカタチを保っていられるなと感心します。
前半の春夏秋冬島も十分異常でしたが、その比じゃありません。
確かにひとあじ違うようです、“新世界”。
と、そこに唐突に 「傘いらんかね」 と怪しさ爆発で登場した老婆 (たぶん)。
なにやらウルージさんも “新世界” の餌食となってしまいそうな雰囲気ですが、
そう見せかけて実はこの老婆 (たぶん) の売る “傘” というのが、
ギガデイン島 (仮名) に上陸するするために必要なアイテムだったりするんでしょうか。

そういえば、さっさと “新世界” に入ってるところを見るに、
彼らは魚人島は素通りしてきたんですかね?
今話で姿を見せなかったドレークやアプーは、魚人島でのんびりしてるのかもしれません。


 ■ 届けこのメッセージ
“九蛇” の船で “偉大なる航路” 前半に在るルフィ。
アマゾン・リリーに帰るんでしょうか。
1週間のラグは女ヶ島からマリンフォードまでの所要時間ですね。
ニョン婆は 「1週間以上」 としていましたが、ツッコむような誤差じゃありません。
また、記事ではハンコックはじめ彼女らのことは一切触れられていませんから、
恐らくある程度の距離からはジンベエがふたりを運んだのでしょう。
ハンコックがドキドキしすぎてぶっ倒れたというのは、
ルフィの危険すぎる行動に心配しすぎたか、
堂々たる黙祷の雄姿に腰くだけになったかどちらでしょう。 どっちでもいいけど。

レイリーやジンベエもくいくい引っ張られてるのを見てちょっと意外に思ったんですが、
よく考えたら、実際に男嫌いなのはボア姉妹だけなんですよね。
それ以外の面々は、実態もろくに知らずにボア姉妹の影響で
漠然と嫌っていた、怖がっていたというだけであり、
ルフィだけでなく彼らも特に忌むべき相手でなかったことで、
嫌う理由がなければ嫌う必要がないことを知ったんでしょう。
でも、我慢しきれなくなったハートの海賊団の連中が、
息を荒げてハートマーク撒き散らしながら雪崩れ込んでたらそれも危なかったかもね。
サンジ? 論外

一方、キャプテンからの “メッセージ” を受け取ったクルーたち。
石段を枕にしているところを見るに、ゾロは結局ミホークの城へは戻っていないんですね。
ヒヒ軍団に負けたか、勝ってもそのまま力尽きるかして倒れ込んだようです。
一向に怪我が治る気配がありません
そこへ、ミホークから新しい新聞をもらったペローナがわざわざ見せに来てくれたわけですか。
そしてこの甲斐甲斐しいお手伝いぶり。
そろそろ本気でゾロのことほっとけなくなってきてるんじゃないでしょうか。
あるいは案外、ミホークがゾロに届けるよう 脅した 指示したのかもしれません。
そろそろ本気でゾロのことほっとけなくなってきてるんじゃないでしょうか。

本気で売られかかってるブルック。
テーナ・ゲーナ” なる、
また一見して手長族の国であると知れる なげやりな 秀逸なネーミングの国にいるようです。
シャボンディ以外にも人身売買が行われてる土地があったんですね。
まあ 「ご覧に入れましょう!!!」 としか言っていないので、
人間屋じゃなくて見世物小屋なのかもしれませんが。

フランキー生きてたか。
さあ、メカ動物たちをその身に取り込んでネオフランキーとなり、
全ての記憶、全ての存在、全ての次元を消し、そしておまえも消えるのだ、永遠に!


 ■ あまりに不可解!!
全然わかってません
前話のときのような、 ヤケクソ 無理矢理予想すら立ってません。
それどころか、レイリーやゾロの言う 「ルフィらしくない行動」 が、
具体的にどれを指すのかすらわかってません。
ひょっとしたら、今話で示された行動のどれかが、ではなく、
一連の行動全てを指しているのかもしれません。
それくらいわかってません。
キルアの 「それはどっちの?」 と同じくらいわかってません。

以下は、俺のブツ切りな思考を文章化しただけよ。
まともな推論にさえなってないよ。
そりゃあカタコトにもなるよ。
読まれるのであればそこ覚悟よ。

ビビが 「おしゃれ?」 としていたのは、ルフィの右腕に見られる刺青のことですね。
左半分しか見えませんが…1文字目は 「B」 「3」 あたりに見えます。
「13」 のように、十の位などが隠れてる可能性もありそうですね。
2文字目は 「O」 「D」 「0」 あたり?
3文字目が 「D」 「2」 「Ω」 …?
「2」 なら1文字目同様に十以上の位が隠れてる可能性アリ。
なお、これが 「D」 だとすると、2文字目は 「D」 ではないことになります。
明らかに書体が違うので (こちらは最後が少し右にハネてる)。
4文字目は…… 「Y」 …くらいかなあ?
そして、上2文字には 「×」 と思われる線がかかっています。

これらの文字から意味のある単語を作ろうとすると… 「BODY」?
そしてその上半分に 「×」 ってことは、「上半身を捨てろ」 ……違うな。 うん、違う。
もしくは 「×」 を少々意訳して… 「NO BODY」? 「誰も」 …何? 「祈るな」? ダメか。
「×」 を 「X」 とすると 「30X2Y」 って感じで座標っぽくもなりますが…
集合場所の指定にしても、これじゃ無茶だよなあ。
×印から想起されるサボマークは…さすがに関係ないか。


各クルーの反応。
パーティをはずれたビビには伝わっていない。
一時期行動を共にしただけのイワさんにも伝わっていない。
でもゾロにもいまいち伝わっていない

ビビやイワさんに伝わっていなくて、新参のブルックに伝わっています。
ビビやイワさんにわからず、ブルックも含めた船員たちにわかるとしたら
やはり “サニー号” ですが…それならゾロにも伝わるはず。
最もつきあいが長いだけあって、ルフィの心情は一番理解していると言えますし。
そのゾロがレイリーにさえ 「鈍い」 と言われるほどの要素といえば
もちろん 「空間把握」 や 「場所移動」 といった性質の事柄なんですが…
となると、やはりルフィからのメッセージは 「(シャボンディ以外の) 集合場所の指定」?

チョッパーやサンジが 「そっか」 「そうか」 としか言っていないのは、
「ルフィ自身が今後どうするか」 という内容だからかなあ。
集合の場所や時間の指定なら、ロビンのように了承の意を示しそうなものだし、
ウソップの 「わかった」 も 「その指示に従うぞ」 という意味よりも
「言いたいことがわかったぞ」 って感じだ。
ナミやフランキー、ブルックの反応はどっちにも取れそうで…
フランキーとブルックに限れば 「集合方法」 の指定とも。
「俺は修行してから行くから、おまえらも1ランクレベルアップしてから来い」
みたいな感じだろうか。
でも修行がらみだとやっぱりゾロは一番敏感そうだし…チョッパーはもう帰るだけだし……
あ、ゾロは普段から鍛錬してるから 「今さらのこと」 として反応が鈍く、
チョッパーはトリノ王国で得た珍種の薬草を使って
ランブルボールをレベルアップさせる予定だから場所は関係ないとか。
ああ、でもこれだとフランキーの 「成程」 がしっくり来ないなあ。
それに、チョッパーやウソップは 「泣いてもいる」 んだよなあ。
やっぱルフィ自身のことっぽいよなあ。
「俺はしばらく修行するから集合には遅れるかもよ」 にすればいいのかなあ。
そうすれば確かに一応 「そうか」 で 「了解」 で 「わかった」 で 「人の気も知らないで勝手」 で
「成程」 で 「そういう感じ 」 にはなるなあ。
でもどうしてもゾロが噛みあわないなあ。 本当にただ勘が鈍いってだけのことなのかなあ。

「鐘」 というフレーズからは当然、空島の黄金の鐘が浮かび…
そのとき、鐘の音に託したメッセージが 「おれ達はここにいる」 だったことに思い至って
「今回も!?」 と色めきたちかけましたが、
フランキーやブルックはまだいなかったことに気づいて消沈。

先にも書いたけど、“十六点鐘” はなんらかのミスリードだと思うんだよなあ。
海軍に討たれた兄の冥福を祈るのに海軍式の儀礼をもってあたるのは不自然だし、
海軍の儀がそもそも船員たちに伝わるとは思えない。
知識として知ってそうなのはロビン、あとはせいぜいナミくらいだし…。
オックス・ベルは広場の 「西端」 ………グムムム……西……検索失敗。 ヒットなし。

ルフィは 「“十六点鐘” の儀を行った」 のではなく、
「全然別の理由で打った鐘の数がたまたま16だった」 というのはどうだろう。
例えば、麦わらの一味の船員数はルフィを除いて8人。
つまり、16回というのは2回×8人分であり、
その2回の鐘は凶事を知らせる意味があるそうなので、ルフィのメッセージとは
おまえらはもう死んだものと俺は考える」 ……違うな。 うん、違う。

でも、マリンフォード1周の方は、「海における 「水葬の礼」」 なんだよなあ。
「海軍の」 じゃなくて 「海の」。
「黙祷」 もルフィらしくないといえばらしくないしなあ。
メリー号のときそうだったように、死者を悼むなら黙って祈るよりも、
「相手のためになる何か」 をしてやるのがルフィだよなあ。
花束を投げ込むのはもう全く深読みしようがないなあ。
これが最大のキーポイントだったりしたら俺は自分の脳なしぶりに絶望して死ぬ。


もう本気でわからない。

 kaiji_02.jpg

ククク…何がギブアップだ…プロレスじゃあるまいし…。
ということで、

 予想 : 「“覇気” を制御する訓練に入るから集合には遅れるよ」

もういいよ! これで!
で、先に集まったメンバーに推されてゾロが副船長に就任するイベントがあるよ!
もしくは他の面々もその気になって修行して全員遅れるよ!
んで結局ルフィが一番早く着くよ!


第594話感想前半も読む


にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ←楽しんでいただけたらクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
友達から聞いて自分も思った事ですけど、恐らく刺青は、“3D2Y”で、3とDに×印じゃないですかね???
つまり、“3D”ではなく“2Y”。
意味は、Dが“Day”、Yが“Year”の略だとすると、3日ではなく2年。
すなわち、集合日が当初の3日後から2年後に変更だという仲間へのメッセージなのでは????

はじめまして。 コメント&ご来訪ありがとうございます。

実は俺もこの記事を書きあげた後、いくつか感想系サイトやブログを巡ってみたんですが、
今のところ、それが最も理にかなっており、かつ有力な説みたいですね。

ただ、どうもしっくりこない点もあるんですよ。 俺も一度はなるほどと思いかけたんですが。
というのも、やはり2年は長すぎる。 2ヵ月や 「新年まで」 とかならまだしもね。
3日なんてとっくに過ぎてる…というのはまあ、
仲間だけに通じさせるためのキーワード的なものだとしても、
2年間もバラサムズに船番やらせておくのかとか、
(仮にシャッキーたちのもとに現れたくまが船を守ってくれるとしても、
 やはり 「マリージョア直下で2年」 は無茶だと思いますし)
「仲間がいるよ!」 からまた2年も引っ張るのは作劇的にダレちゃうんじゃないかとか、
30歳になったロビンは見たくないとか。

でも、ひととおりの辻褄があってるのは間違いないので、
やはり現状ではそれが最有力なのもまた確かなんですよねえ…。

確かに、2年て半端なく長いですね。

ルフィがフーシャ村を出てから、まだ1年も経ってない事を考えると...

んっ今コメント書きながらふと疑問に思ったんですけど、ルフィってまだ17歳なのか???そして、ストロングワールドっていつの話なんだ???

ストロングワールドが17歳最後の冒険だから、2年後集合だとすると、集合後ではない。
となると、スリラーパークとシャボンディの間???だとすると、ルフィがインペルダウンに潜入した時、シキもインペルダウンに幽閉されてるはずだし...

どうでもいいことだけど気になる。。。

話脱線してゴメンなさい。

ルフィのメッセージに関しては、
第595話の感想でまたムリヤリ新説でっちあげてみました。 キヒヒ。

なんだか 『ストロングワールド』 の扱いが難しくなってきてますよね。
本編でセンゴクがシキのインペルダウン脱獄について言及している以上、
漫画とは別、映画のみのパラレル設定とするわけにもいきませんし。
ベッジを捕獲した謎の飛行物体が何かのカギになるのでしょうか?

あと、話の脱線どうとかはあまりお気になさらず。
記事と直接関係ない話題のときは
拍手のコメント機能を使ってくださればいいですし。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hakobore.blog85.fc2.com/tb.php/149-fd7119ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。