スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手コメントお返事 (2010.12.12) 

なんとなく、本当になんとなくブラウザゲームにでも手を出してみようかと思って
自分の興味ある分野でちょこちょこと探してみる。

………。

多すぎ

さしあたり、「野球」 「三国志」 に絞って探し直してみますかね。
でも 「三国志」 に絞ってもなお多すぎ

「SNK」 「ドラクエ」 「ドラえもん」 「レッスルエンジェルス」 あたりでないかなあ。

いただいたコメントのお返事は以下に。
 
 
 【 ぬらりひょんの孫 第130話&第131話&第132話&第133話感想 】

>>ウチコーさん
>断末魔はなんかどうもウボァーが思い出されてなんとも・・(^_^;)
ですよね
もし、中身でなく依代の姿でこれを言われたらと想像すると変なキモチになります。

>鞍馬天狗・・。いましたねー・・。
はい、いましたねー。
でも、再登場どころか言及されることすらないまま京都編終わりましたからね。
もう 「いませんでしたねー」 とするべきところまで来てるかもしれません。


 【 ONE PIECE 第606話感想 】
>>通りすがりじゃないさん
>我が家が一番だ!と帰ってきたルフィは長い出張から帰ってきたオトンさながらでした…。
さりげなくもよきシーンでしたよね。
まあ、その 「我が家」 から離れて単身赴任するはめになったのは
自分が 「ジャマだから」 と命綱を外したせいなんですけどね。

>先週の誰からも褒められないゾロも可哀想だったんですが、
>心強いクラーケンを手なずけたのにナミさんに呆れられたルフィも、
>見ていて少し心にすきま風が吹きました。

ナミはあれですね。
ルフィらの無思慮無軌道無鉄砲に、慣れとあきらめが混同した妙な諦観をもってますよね。

彼らが危なっかしい行動取ろうとすればもちろん止めるし、
危険に遭えば心配もするけど、
無事に成功すれば、帰ってくれば 「もう出来たなら出来たでいいや」 っていう。


>>ウチコーさん
>ゼロスは懐かしい・・。
相変わらず、
本人さえ書いた直後には忘れかかってるような思いがけないところに反応してくださる…。

>カリブーはもはやなんか愛おしくさえ思えてきました。
>登場時からなんかやってくれそうでしたがこんな方向性だとは・・。
> 「おォよしィィ~~・・」の書き文字には笑いました。
>下の「もうもう・・!!」もなかなかでしたが。 ここからどんな見せ場があるか・・。
>あのタルから忽然と消えればカッコイイですが今のカリブーには厳しいか・・。

尾田先生がカリブーをどう処理するのか、ちょっと本気でわからなくなってきましたよね。
迎えの船も大破しちゃったし、放り出すわけにもいかない深海だしで。
それこそもう魚人島で下ろすか、本当に
hokeshini_04.jpgかしかないと思うんですが…。

今では俺もすっかり好きになってしまったので、
麦わらの一味 “雑用のカリブー” として加入するといいと思います。

>何回見比べてもワダツミと伊達さんのやられっぷりがまったく同じで・・。
>さすがのチョイスですハバキさん(^_^)

ええもう頭から離れなくなって困っていたので、誰か道連れを探していたのです。
ウェルカム。
本記事でも並べて載せるつもりだったんですが、
スキャン時に設定ミスして容量が大きくなりすぎたためにうまく貼れなかったので、
調整・再スキャンしてして今ここに。
onepiece_74.jpg
ippo_02.jpg

よく見たら、構図どころか擬音まで同じだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hakobore.blog85.fc2.com/tb.php/204-d7199add

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。