スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE PIECE 第612話感想 (前半) 

ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)
(2011/02/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る

表紙イメージが追加されました。

第1話になぞらえた第598話の扉絵、第1話になぞらえた第601話のサブタイトルに続き、
第1巻になぞらえた表紙ですね。
その第598話扉絵のゾロの眼の傷は、果たして修正されているのかいないのか。
ひりつくような緊張感が、いやがうえにも高まります。

ということでまた長くなってしまったために前後編の第612話感想、以下どうぞ。
 
 
 第612話 「助けたサメに連れられて」

 ■ 扉絵 「海上決戦・シャークパンジー」
あれ? あれ? ないぞ?と思ったらこんなところにあった扉絵。
その体勢から出せる技が見当つかないルフィ、もう本当にモノ扱いが浸透しつつあるフランキー、
既に食われかかってる?ブルックなどが目を引きますが、
個人的に気なるのが右上の割れ砕けるタル。
入ってたんだろうか、ヤツは…。

で、サブタイトルですが…
>…で、え、なにこれ。
>助けたサメ に連れられて 竜宮城に行ってみればってこと?

                            (第611話感想
ってことだったようです。
しかし、歌詞を調べ直してみたら
正確には 「竜宮城に行ってみれば」 でなく 「竜宮城へ来てみれば」 であるとのこと。
つくづく100点の取れない奴です。


 ■ 甦りしもの
幾百の屈辱に耐え
幾千の危難を越え
幾億の絶望の果てに
あの者が。
決して帰って来てはならないあの者が、本編に帰って来てしまった。
あなたは今宵、見てはならぬものを見てしまうかもしれない…。
そう! 誰もが待ち焦がれた

onepiece_87.jpg オクトパ子 見 参 !!
ついに本編にて顕わにされたその妖艶なる肢体は、
果たして少年たちの耳目に晒してよいものであったか…!?
歴史は我らに問いかける…!!

で、彼女は何をプリプリ怒ってるんでしょうね?
クリミナルの服を全て海賊に持ち去られたことに関してか、
「ニューッ!
 私でさえ竜宮城に入ったことなんてないのに、なんで下等な人間ごときが、しかも王直々に!?」
ということか。

じゃなくて……いやまあオクトパ子もある意味で危険な存在ですがそれはさておき、
みんな大好き “濡れ髪” のカリブーさんの大復活。
このワルいカオを見て、ああそういえばこのヒト結構な悪党だったんだよなあ本来は、と思い出す。
すっかりギャグキャラという認識しかなくなっていました。
私もです。
私もです。
私もです。
私もです。
うむ、賛同の声がたくさん聞こえた。

それにしても、
「宝物なら宝箱でしょ? 大切な樽なら高級酒かしら?」
危険物かもという推測が全くないあたり、どうにもアタマのゆるい方々。
どっちにしても、人のもの勝手に開けちゃダメよ。

「オークション相場が確か……一匹7千万……3匹でェ~~…ケヒヒヒィ!!」
…一応 訊いとくけど、できてる? 計算できてる?
7000万×3がわからなくて、途中から笑ってごまかしたわけじゃないよね?
どこぞののび犬みたいに、
「1匹だと7000万だろ、2匹だと1億4000万。 3匹だとええと…たくさんになるんだ
とか考えてるわけじゃないよね?
そうであってくれ!
違うというのなら宇宙の彼方に送るしかない。
ちなみに、「人魚のオークション相場が7000万」 に関しては…
 onepiece_88.jpg 正解。ちっ…。

算数できないそんな彼は “ヌマヌマの実” の能力者でした。 うーん、ドロドロじゃなかったか。
トロリンを飲んだジャイアンはドブに落ちて泥水が混ざることで敗れましたが、
カリブーは自らの意志でドロレスもいけるようです。
この期に及んでもまだ “超人系” か “自然系” か判別がつきづらいですね。
ただ、サンジの蹴りを 「わざと喰らう」 ことができたってことは、
やはり “超人系” なのかしら。
ドロドロ能力なら、たとえ “自然系” であっても
「泥を固めて」 物理攻撃を有効化させることもできたでしょうけど。 たぶん。
サカズキの完全下位互換かとも思いましたが、腹?の中に呑み込んだものを収容できるとなると、
戦闘とは別の面で便利かも。
ただ、「コ~~ロしゃしねェ」 とは言ってますが、大丈夫なんでしょうか、呼吸…。

結局、本気で逃げられずにいたらしいカリブーですが、
徹頭徹尾 他力で入り込んだ魚人島において人魚狩りを開始する腹づもりのようです。
  bakuhai_02.jpg
3ボシ王子どころか、ヒョウゾウにも勝てそうな気がしないんだけど…。
ちゃんと脱出のことまで考えているのかもあやしい。


 ■ ウオどる大捜査線
ルフィの額がちゃんと4億になっており、最新のものと思われる手配書ですが…
onepiece_89.jpg
フランキーが微妙に、ゾロが完全に、それぞれ金額が隠されています。
フランキーの方は “バルジモアの悪夢” で上がった可能性がありますが、ゾロは…?
絵を見る限り金額欄は空白です。
単に作画上の都合かもしれませんが、それなら 「0」 くらい書いてあってもいいよなあ。
修行中の2年間で、何か懸賞金が変動するような出来事あったのでしょうか。
俺が 「“東の海” 出身ゆえ」 と予想した、カリブーによるゾロへの過剰反応の理由も、
あるいはここに?
ミホークが思いつきで課した試験や試練の中で、世界政府加盟国を滅ぼしたとか。
金額欄が本当に空白だとしたら、懸賞金が解除されているなんてことも?
一度懸けた賞金が外されるのは、(推定ですが) 死亡が確認されたときと、
あとは “王下七武海” に加盟したとき…。
んん? まさか、2年の間にゾロ、既にミホーク倒してたりしないよね?
で、だからといってゾロをミホークの後任にあてたりはできないから、
政府から臨時措置として 「“王下七武海” 位特進」 みたいな感じで
つなぎ役扱いされてるとかじゃないよね?
ミホーク今ごろ、シッケアールの巨大墓標の横にアタマから突き刺さってたりしないよね?
でも考えてみれば 「賞金稼ぎで海賊狩りの海賊」 であるゾロって、
スタンス的にかなり “七武海” に近いんですよね。
まあ賞金稼ぎで海賊狩りなのはあくまで 「元」 ですが。

取り調べ現場でリュウボシ王子とマンボシ王子が黙りこくっているのは、
自分たちが口を開くとシリアスムードがだいなしになることを理解しているからでしょう。
ただ、リュウボシ王子はロングで、シルエットだけ見ると本当に竜みたいでちょっとかっこいいです。
ちょっとだけネ!

「マダム・シャーリー
 あなたの予知能力の的中率は さすがに 「竜宮城」 の我々にまでも届いています……」

紳士的ながらも一言多いフカボシ王子。
いきなりルフィらを犯人と決めつけるようなことはなくとも、
マダム・シャーリーの予言+過去の経緯というツープラトンの前には
やはり警戒心と猜疑心を煽られずにはいられない様子。
このあたり、人間と魚人&人魚との種族間に横たわる溝の深刻さを窺い知ることができます。
ただ気になったんですが、
「いい顔して人魚に近づき 攫って行った海賊達が今までどれ程いると思ってるんだ!!!」
というような背景がありながら、「有名な海賊だから」 で入国審査免除しようとしてたわけ?
どうもやってること、言ってることがちぐはぐな感のある魚人島王家ですが、
そこにちゃんと意味はあるのでしょうか?
「頭ごなしに疑っても………!!」 と諫言しているのが
男の魚人 (らしい) という点がちょっと興味深い。

そして、マダム・シャーリー。
うーん…。


 ■ 招かれたる客人
「ネ~~プチュ~~~~~~ン!!」
「何だおっさん そのかけ声バカみてェ」

あ、それ掛け声だったんだ。
まあ確かにバカっぽいけど、俺はどちらかというと
右の方でまた流れてる 「じゃーもん じゃーもん♪」 の方が気になって仕方ないんですが。
これは何? 掛け声? それともやっぱテーマ曲?
ネプチューン自身が歌ってるわけではないのね?
彼が何か行動を起こすと、自動的にどこからともなく聞こえてくるの?

ガチガチになってるケイミーがかわいいです。
彼女には国王ネプチューンを 「ネプちーん」 と呼んでくれることを期待していたのですが、
この調子ではどうやら無理そう。
「人魚姫様のペットか………!!」
フリーター人魚のペットになにやら思うところがあるようですが、
このヒト (デ) が人魚姫と交友があるというのはウソでした。
なんだウソか。
ドッキリドキドキ大成功。 こりゃあ1本……取られない! 取られないのかよ! 1本取られたよ!
…て、オイ。 え、なにこれ。 この意味のない伏線回収? あるいはこれも伏線の一端?
それとも、尾田先生が別の展開を思いついて設定を修正した?
まあ既にある程度の人気を獲得していたとはいえ、
当時はくまで 「新鋭」 に過ぎなかったこのヒト (デ) が姫と友人なんておかしいとは思ったけどさ。
彼女の個人的なお気に入りだとか、
一種の青田買い的な感覚とかかとそれなりに納得してたというのに。
それにしても、「会わせてやる」 とまで言っておいて
実際に頼まれたらどうするつもりだったんだこのヒト (デ) は。
何を考えてこんな簡単にバレる嘘ついたんだか。
ブルックもよく2年も憶えてたな。

そのメガロですが、ネプチューンらの様子からすると本当にただのペットだったの?
前話感想内でも予想したような、
「魚人島に客足が途絶えた原因を探っていた探索方」 とかでもなかったんじゃもんな?
また、そのクラーケンに関しても普通に言及してますが、イマイチ反応が薄いです。
たまたま棲みついていた流れダコとしか考えてないのかしら…。

いずれにしても、それを助けた恩人を招くためにまず最強の王子3兄弟を遣わし、
続いて国王御自らが直々に出張ってくるとは、ずいぶん大仰なお礼参りです。
なんとしてでもお礼がしたかったんでしょう。
つまり、それほどまでに人魚姫の荒れっぷりがすさまじかったんでしょう。
きっと、ノストラード組のネオンみたいに、
父や兄であっても手をつけられないことになってたんでしょうね。
くしくも占いつながり! いやまああんまりつながってませんが。
どうでもいいですが、「愛鮫」 ってなんかすごいな。
「鮫」 という漢字の音読みが 「コウ」 だなんて初めて知ったよ。

後出しになっちゃいますが、実のところ、竜宮城に仲間のひとりが既に入っていること、
それがゾロであろうことは先週のうちに予想がついていました。
まあ書き忘れちゃったんですけど。
ただ俺の予想の中では、ゾロは竜宮城に迷い込み勝手に上がり込んで一杯やってたので、
そこは実情と異なったようですが。
でも、ゾロたちの方は進んでバラバラになったんですね。
フランキーの希望もロビンの希望も十分に理解でき、
かつ俺もその情報開示をおおいに期待しちゃいますが、
(ふたりとも、明確なあてはあったんですかね? 特にロビン)
ゾロに単独行動させることに、誰も異論を差し挟まなかったんだろうか…。
「さすがに島外に出ることはないだろう」
なんてタカをくくっていたとしたら甘いと思うよ、正直。
竜宮城に保護されてことなきを得られたのはあくまで結果論。

魚人島の周囲に見えていた根っこはヤルキマン・マングローブだと思っていたんですが違うようで、
その名を “陽樹イブ”。
ヤルキマン・マングローブの根もさすがに深海10000mまでは届いておらず、
その一方でこの “陽樹イブ” がルフィ(ウソップ?)の推測どおり
「「ヤルキマン・マングローブ」 の親分みてェなモン」 であるとすると、
魚人島のシャボン文化はこいつの恩恵でしょうか。
色々と非常に興味深いですが、
今話内の情報だけではウソップと同じ程度の想像しかできませんねえ。
「ホウジュ」 と 「ヨウジュ」 で韻を踏んでもあり、無関係ではないでしょう。
「学者達は何かと理屈づけておるが~」 と科学を蔑ろにして
「神秘」 で片づけてしまうネプチューンの言葉は、
モンブラン・ノーランドにぶん殴られるんじゃないでしょうか
樹そのものについてはまだほとんどわからないとはいえ、
俺の 「魚人島が人工島であるならば、何故こんな場所につくったのか」
という疑問に対する答えが示されました。

不思議だったんですよね。
「どうしてこんな、海賊たちが激しく往来するに決まってる場所に拠点を構えようと考えたのか」
「何故、もっと安全な場所に移住しないのか」
と。
人間を相手にすること (人魚カフェのように) を考えなければ、
シャボン文化も絶対必要ということもないでしょうし。
でも、“陽樹イブ” が “赤い土の大陸” にしか生えていないのだとしたら、
この 「穴」 から移動するわけにもいかないわけか。

あと注目ポイントは、ワンピース世界における 「樹木」 ですか。
“宝樹アダム” に “陽樹イブ”。
オハラの “全知の樹”。
稀少かつ有用な着生植物が多数生える、トリノ王国のなんかすごい木。
樹木をあしらった “ビッグ・マム” の海賊旗。
そして、悪魔の樹…。
さて、何がある? それとも、ない?



時間的な余裕はなくもなかったんですが、
明らかに余計なこと書きすぎてるせいで分量が多くなりすぎているため、
竜宮城へ向かうまでで一区切り。

 masaru_10.jpg

『ONE PIECE』 第612話感想後半も読む

関連記事
スポンサーサイト

コメント

おおおおハバキさん!!
よく見つけてくださいましたね(ゾロの手配書の金額)
よく見つけてくださいまして、本当にありがとうです~
さらにハバキ予想を拝見して大変なハイテンションです(笑)

ゾロの目とカリブーさんの反応と
(あと、シャボンディを出発するときのいろいろとか)
もしかしてゾロ、ミホークを倒しちゃったんじゃなかろうか、
って、ぼんやり想像していましたが、
まさかねー、とか思っていましたこと、
ハバキさんが書いてくださると「本当にそうかも」って勇気が出ます~大変にうれしかったです♪

前話の、ビッグマム妄想も、私はとても面白かったです。
ナミ(ゾウ)の親友のママがぷるとんn犯罪組織の親玉…
なんてイヤー、とか思うのに、
普通に良い人よりかもずっとわくわくするのはなぜなんでしょう(笑)

プルトンのくだりもドキドキしましたー、
後半も、大変に楽しみにしています♪

おおおお落ち着け。 落ち着け

そして思い出すのです。
俺と合致してしまった以上、その予想は外れたも同然だと!
第613話の扉絵を見ても、懸賞金額表示らしき字列がありそうですしね。

ああ想像はしたものの、やっぱりゾレのミホーク超えは本編中で果たしてほしいです。

>“ビッグ・マム” の陰謀
まあ予想想像妄想するだけならタダってことで。
どうも俺は謀略大好きなようです。

トムさんとのからみでプルトンにしましたが、
ただ、魚人島に眠ってるとしたらプルトンよりポセイドンかなって気もするんですよね。
何話だったかの感想でも書きましたが、
「ネプチューン」 は 「ポセイドン」 のローマ神話バージョンですし。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hakobore.blog85.fc2.com/tb.php/217-ba2d7d2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。