スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーディケイド第4話感想 

『ディケイド』第4話の感想です。
書いている途中で『ハーメルンのバイオリン弾き』に派手に脱線していたため、
時間ばかり無駄にかかりました。
何故、そんな事態になったのかは、お読みになっていただければ解ります…が、
解ったところで何の得もありませんので、あしからず。

 
第4話 「第二楽章♪キバの王子」

どえりゃあハイペースでクウガ編が終わり、今回からはキバ編。
サブタイトルが『キバ』をイメージしたものになっています。
第4話なのに第二楽章」という、微妙にわかりづらいことになってますが。
(実際は十六分音符ですが、八分音符で代用)
クウガ編でもそうだったのでしょうか? 後編の「超絶」なんかはそれっぽいかな?

■キバの世界
「何ですか、そのホスト風の格好?」
「もっと言いようってものはないのか?」
「…………………また別の世界に来たんでしょうか?」
ないのか。露骨に話逸らしよった。
理由は知らぬが、キャッスルドランは知っておる士。一方の夏海も、名は知らずとも、
夢の中で、あれがドラドラコンビとしてディケイドに撃墜されていたことを思い出し、
ちょっと表情を沈ませます。ドラゴンが生えた空飛ぶ城が撃墜される絵は、さぞかし
インパクト強かったでしょうね。夢…というか、本編とは違い、こちらはいわば、
ビルディングドランなわけですが。…弱そう。

そこへ、面倒なテンションでやってきたのは…確か、クモのファンガイアでしたよね、
こいつ? 本編では、倒されても倒されても死ぬことなく、過去編から現代編まで通して
生き抜いたので、いずれ好敵手ポジションにでも出世するのかと思っていたら、
なんだか実にしょーもない殺され方していたような記憶があります。今までしぶとく
生き伸びてきたのは、何だったんだっていうような。
あと、『ディケイド』での出演クレジットを見て初めて知ったんですが、こいつの名前
“イトヤ”だったんですね。
俺の『キバ』に対する情熱がよく窺えたことかと思われますが、無駄に長生きしたことや、
同じ女につきまとっていたことからしても、本来は、“オトヤ”と対になるはずの
キャラとしてつくられていたのかなあ…などと今さら考えてみたり。

またか! また喫茶店つぶして出現したのか、光写真館!
そして、またしてもノリで上げ、しかも撮影依頼よりコーヒーを優先するおじいちゃん。
この人が、写真家として活動しているのを見たことがないんですが…。
満月夜を背負うキャッスルドランの絵は、確かに、なかなかに風情がありますが、
このクモ、見合い写真にこれを使う気でいたんでしょうか?
いつの間にかはめられていたネズミのパペットも、何のパフォーマンスもないまま
次のシーンでは消えており、なにがなんだか…と思っていたら、クモがクモになりました。
怪物の直前を平気で横切って椅子を担ぎ上げる夏海さんはさすがだと思います。
かなりの至近を通ってますよ、これ。
「子どもたちが…! 士くん、レッツ変身!
慣れたもんです。↓なんとなく浮かんだシーン。
Lets henshin


人間とファンガイアがうまくやってるっぽいこの世界で、するべきこととは何なのか。
糸矢の面倒なテンション言動が気にかかり、夏海とともにバイクで街へと繰り出す士。
あくまで、様子をさぐるためさ! 幼女に罵られ、いたたまれなくなって逃げ出した
わけではないさ!
と、しずちゃんが弾いているような、粉々なバイオリンの音色を聞き咎めた夏海。
笑いのツボを突いて士にバイクを止めさせ…て、危ないよ!
「いきなり…死ぬぞ、夏ミカン!」
まったくもってそのとおりです。士も死ぬし、自分も死にます。それとも、例え、
士が死しても自分は死なずという自信でもあるのでしょうか? や、それでも駄目だけど。

■洋館の少年
pakkin.jpg
  ↑なんとなく浮かんだシーンその2。

「ワタル、なあ、ワタル。城に帰ろうぜ、ワタル。王になる、何が不満なんだ?」
お、キバットはこれ、オリジナルキャストですね。『キバ』は直前の放映作品なだけに、
セットやスーツ以外に、俳優さんや声優さんの都合もつけやすかったんでしょうか?
…て、え、これがワタル? この福耳の子?
いや、『クウガ』未見の俺でも、クウガ役がオダギリジョーだったことくらいは
知っているので、ライダーたちがオリジナルキャストでないのはわかっていたのですが
…ワタルがこの子ってことは、第1話のNHKスペシャルの彼は何だったんですか?
彼はあくまで“渡”であり、『ディケイド』での“ワタル”とはまた別の存在、と
いうことになるんでしょうか。KOFマキシマムインパクトの世界観設定のような、
パラレルの、そのまたパラレルって感じの。

不意に、絹を裂くような悲鳴。
街では、えぇと、ハドラー親衛隊のブロック…じゃなくて、チェックメイトフォーの
…城兵(ですよね?)が女性を襲っています。
すかさずレッツ変身!したディケイドにあっさり斬殺される城兵。ッ!
本編ではかなり強かった記憶があるのに、通常技だけでやられちゃったよ! 弱ッ!
ブロックの今わの際の誰何に、ポーズなど決めてキリリと「仮面ライダー・ディケイド!」と答える士。
すると、それを聞きつけたワタルも、不穏な様子でがぶっとキバに変しnブフッ
…失礼しました。いや、キバって基本的にマッチョな造形してるじゃないですか。
変身すると身長が爆伸びするくらいはまあ、それほど気にならないんですが、
そのマッチョボデェから、あの幼い少年声が発されると、思わず吹き出してしまいます。
ミスマッチすぎて。
そのキバも、ユウスケ同様に破壊者・ディケイドの警告を受けていた模様。
とはいえ、キバットの方は、その話を全面的に信用してはいないようですが…
「ワタル、ちょっと落ち着けって! バッシャァァマグナム!
諌言しながら攻撃アイテムを呼び出させられるという、悲哀を感じるシーンを
見せてくれます。しょせんライダーの一部品にすぎないんでしょうか。

士も、言い分を聞かせるためには、とりあえずこのガキ黙らせなあかんと判断し、
せっかくなのでクウガに変身し応戦。
フォームチェンジを繰り返しながらのこのバトルは、見ごたえがあっていいですね。
キバがドッガモードに変身すると、クウガもパワー重視と思われるタイタンフォームで対応。
「戦況にあわせてフォームチェンジ、周囲の物体を武器にできる」、よくできてるクウガ。
ドッガハンマーを奪って大剣に…て、えぇ!? 大丈夫なの? いや、大丈夫っていうか
どうなってんの、それ? そのハンマーって、あのでかい奴そのものなんじゃないの?
それを奪って勝手にクウガの武器に変化させちゃったってことは、
中身どうなってんの!?
とか言ってる間に、今度は棍にされてる! 本当に、いったいどうなってるんでしょう、
中身…。
で、士版のドラゴンフォームですが、ただ振り回すだけだったユウスケ版と異なり、
本格的な棒術っぽい動きをしています。中国系?

と、そこに割り込んできたのは、なんとそのユウスケ。
既に冒頭でキバーラにおちょくられ導かれ、この世界に来ていたことは示されて
いましたが、何故か、キバの親衛隊、つまりワタルの配下になっているようです。
ユウスケに、ワタルに謝るよう言われるも、あくまで被害者ヅラを崩さない士。
でもまあ、それはそうだよね。確かに、せっかくいいことしたところに、いきなり
悪魔呼ばわりでケンカ売られたわけ
だし、当のユウスケにだって全く同じことされた
ことがあるわけでもあるし、そりゃ機嫌のひとつ悪くもなるよね…と、同情しかけたところに
明かされる真実。
あー…、つまり…城兵さんは、何も悪いことしていないのに、忠実に警察業務を執行して
いただけなのに、勘違いで殺されたわけですね。士はワタルに、「やれやれ、またか」
「話を聞け!」などと被害者ヅラしていたわけですが、城兵さんのことは、
何だか知らねぇが、気に入らねぇ」と全く聞く耳もたずに斬殺しました
被害者のつもりでいたら、弁護のしようもない加害者でした。
「仮面ライダー・ディケイド!」ではありませんでした凛々しさが逆に恥ずかしいです。

「だから、俺たち親衛隊が悪いファンガイアを退治してるってわけさ。な、ワタル王子♪」
その悪いファンガイアとはいえ、目の前で壮絶に粉微塵にされてるような状況で、
なんでそんなライトな口調で話せるんでしょう。ワタルが思わず目を逸らしているのに、
気づかないんでしょうか。

■ユウスケとワタル
確かに、いつの間に…というより、どこでもらってたんでしょう、チョコ。
時間の流れ的に、クウガの世界でしかありえないわけですが…街中が黒い煙やグロンギで
てんやわんやの間に、写真館周辺だけそんなに平和だったんでしょうか? …ああ、
グロンギからもらったんですね。グロンギがチョコ片手に、大挙して写真館に
押しかけてる図
を想像したら笑えたので、それでいきましょう。

ワタルの力になってやりたいという決意を語るユウスケ。
うっかり殺人者になってしまったので機嫌の悪い士が、結構本気で不快になりそうな
暴言の嵐でケチをつけまくってきます。が、それに対して本気で激昂したり
しなかったのは、本心から言っているわけではないことを理解しているからですね。
ワタルにも、助けになってやれる人間が必要なのだ。かつて、自分がそうであったように。
ならば、自分がその助けになってやる。かつて、八代や士がそうしてくれたように。
lollipop.jpg
実は、ユウスケ自身も相当孤独だったりするわけですが、それを感じさせず、
ワタルを餌づけ励まします。先ほどは「知り合い」と称していた士のことを、
ここでは「友だち」と呼んでいる点にも注目ですね。「友だち」という語に?拒否反応を
示していたワタル、ユウスケがポケットから出して渡した「ふつうのロリポップ」を、
少女に花をもらった浅倉よろしく投げ捨ててしまうのではとヒヤヒヤしましたが、さすがに杞憂でした。
クウガ編の時点では、士の評がしっくりきていないようなユウスケでしたが、ここにきて急成長。
変な表現になりますが、あの時の士の言葉に、追いつきつつあるように思います。

親衛隊たちは一見、人間とファンガイアの未来を憂えて、ワタルに即位を求めている
かのように思えますが、ワタル自身に忠誠心はなく、「“王”という立場の存在」を
あくまで欲しているだけ、といったようにも映ります。
しかも、「ワタルにこそ王になってほしい」というわけでもなく、本当に望んでいる
相手は他にいる模様。とことん孤独です、ワタル。
「帰ってくる」という表現と、10年以上空位だという王位の状況とをあわせて考えれば、
自然と、それは「先代の王」という答えになりますが…。

■洋館の男
と、露骨に怪しいタイミングで登場のファンガイア。他のファンガイアらの苦悩も掟も、
知ったことかとばかりに人間を食いあさってます。
モチーフは…カブトムシでいいんでしょうか? ゴキブリではないよね?

そしてまた、露骨に怪しいタイミングで洋館に現れた謎の男。
ワタルに劣らぬ不協和音を奏でているのですが…当たり前だろ
なんで無理して壊れたバイオリン弾きたがるんだよ! そんな、街中に響き渡るような
バカでかい音量で、ギコギコやられたら近所迷惑だよ! 本来の美しい音色ならともかく!
と、そこに「本来の美しい音色」を奏でながら、士が登場。
池内さんもギコギコをやめ、士の演奏に聞き入…聞き入った瞬間に演奏を止める士。鬼か。
池内さんの言によれば、やはりどうやら、人間とファンガイアの共存などというのは
うわべだけの話に過ぎず、人間と愛しあった彼…ファンガイアは、人間とファンガイア
双方から追い立てられ…って、あれ? 序盤で士が街を回った時は、人間とファンガイア
のカップルも、友人同士の連れあわせも普通にいたわけですが…。
街を離れてる10年の間に改善されたってわけでもないでしょうし…んん?
このあたり、ちょっと解りません。
あの、掟を破って人間を食っていた女の件もありますから、自身の生命を
主食にしている存在と、腹の底では見下している存在とが、一緒に生きていけるはずが
なかろうってところは解るんですが。
あと、勝手に「池内さん」などと俳優さんの名で呼んでますが、出演クレジットでも
何故か! 役名が空白になっており、他に呼びようがないため仕方なく、です。
イッタイナニモノナンデショウネー。
ちなみに、ご本人のサイトに行ったら、なんだか微妙なキモチになりました。

■ディケイドvsカイザ キバvs????
士をこのキバの世界に誘い込むために、ユウスケを連れてきたそうですが、
どういうことでしょう? この世界に、ディケイドを始末するために罠でも張ってある
のでしょうか? ディケイドに対するためにクウガのベルトを与えもしたユウスケは、
逆に士とオトモダチになっちゃってるわけですが…。
キバーラに噛ませたので、てっきり鳴滝さんもキバ系のライダーに変身するのかと思ったら、
何も起こらず、そのままフェードアウトしてしまいました。何だったんだ。
キバーラもキバーラで、士に、「自分が何ものなのか知りたくないか」と問いかけ、
士がそれに首肯すると、「おまえは、この世界を破壊しに来た」と、
何の答えにもなっていない答えのみ残して消えてしまいます。やれやれ、またか。

今回の刺客ライダーは『555』よりカイザ。これまたオリジナルキャストのようです。
まあ、戦力や刺客としての適正という面では、ホッパーズよりはなんぼかマシな人選なんじゃないか
と思います。が、演出的には草加っぽい台詞を適当に言わせているだけ、といった感じで、
コミュニケーション能力は完全に欠如している様子。
プロレスラーは、ホウキ相手に試合がつくれるようになってこそ一流らしいですが、
ディケイドもそれに近い状況になってます。

一方、突如巷で噂のカブトムシファンガイアが、メイドを食い散らかしながら
城に乗り込んできたようです。迎え撃つワタル。
果たして、池う…じゃなくて、カブトムシの狙いは?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ←お気に召しましたら、一押しお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

仮面ライダー

司の正体は大ショッカー

憶えておきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hakobore.blog85.fc2.com/tb.php/28-ca4b4c59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。