スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侍戦隊シンケンジャー第20幕感想 

侍戦隊シンケンジャー オリジナルアルバム 秘伝音盤 第二幕 歌盤侍戦隊シンケンジャー オリジナルアルバム 秘伝音盤 第二幕 歌盤
(2009/07/22)
TVサントラ

商品詳細を見る

「ソングコレクション」でゴールドもいるということは、
あのMUTAみたいなテーマ曲も入ってるんでしょうか。
あれって、「やーらーねーばなーらぬー おーとーこーならー♪」から始まる、
源太のキャラソングの前奏なわけですよね? なら、ちょっと欲しいかも…。

ゴールド初登場時に、散々文句垂れてた奴の言うこととは思えません。


第二十幕感想はイカからどうぞ。

第二十幕 「海老折神変化」

■ことはの誕生日
筆舌に尽くしがたい笑顔で飾りつけに励む流ノ介。先週も今週もことはの肩を抱いており…
ああ、いや、ちょっと嘘ですけど。両手で肩を叩いたりしており、意外にスキンシップ多いです。
席も隣りですしね。
源太も、真っ先にシンケンジャー入りに賛同してくれた(千明はこの際置いといて
ことはのために、気合いを入れて普通の寿司を握る様子。
…丈瑠のはじめてのおつかい、見たかったなあ。
シンケンジャーにおける人望家といえば、やはり丈瑠なのでしょうが、
人徳家といえばことはなのか、みなさんすっかり目尻が下がっています。愛されてますね。
ルックス自体はさして好みじゃなったりする俺ですが、ことはの言動は非常にかわいいと思ってます。
オープニング映像で、
ショドウフォンで線を引く際のちょっと小首をかしげた感じ(「一筆奏上」のあたり)とか。なまりとか。
せっかくなので、役の森田涼花さんのことなんかもちょっと調べてみたんですが…
柔道家ですかい! 得意技は大内刈り。伊東 富士子のアン・ドゥ・トロワですね。
また、京都出身だそうで、方言に不自然さがないのも納得です。



意外(根拠ないけど)にも、結構せくしー路線の水着写真集やDVDなんかも出してました。
むう、パパに断りもなく!

参考 森田涼花:公式ブログwikiamazon


■源太と十臓
そうです。源太の無駄なインパクトによりすっかり忘れていましたが、
このヒトがいました。ドウコクのせっかんによるダメージから、ようやく復帰した模様。
なんであんなところを通っているのかさっぱりわからない源太(商売する気あるんでしょうか)
とニアミス。そういえば、このふたりは、まだ会ったことがありませんでしたね。
「アンタ…ただもんじゃないな。屋台を見る目つきでわかる。相当のグルメだ」
「おもしろい…。寿司屋、次に会った時は食わせろ」
要するに、「食う気は全くない」と言っているように俺には聞こえたのですが、
源太、その後ろ姿を見送りながらひとりごち。
「あの雰囲気…もしかしてミシュラン?」
どうしたら、そこまでポジティブに考えられるのでしょう。 (参考wiki:ミシュランガイド
というか、上の台詞、なにか十臓に感じるものがあっての、源太なりのカマかけかと思ったのですが、
本当にグルメの話だった模様。
…ということは、本気でミシュランに載るつもりでいるんでしょうか。屋台なのに…。

そ・の・着・メ・ロ・は・や・め・ろ!

■ウタカサネ
魍魎の季節である夏は、三途の川の流れが荒くなり、アヤカシやナナシの力も増すそうです。
先週、『響鬼』との類似性について少し触れましたが、この点もよく似ていますね。
このことが後々、シンケンジャー側のパワーアップにもつながるのでしょう。

全身に口がついている、実に気持ち悪いデザインのウタカサネ。
その名前と形態、そして、いやらしいという性格からして、
てっきり動きを封じたうえで延々と歌を聴かせる能力かと思いましたが、
なんと魂を食うそうです。
自分の能力や、魂を食われた人間の救出方法なんかをペラペラしゃべって間抜けな…と思ったら、
「それを明かすことで相手の絶望感を増幅させ、自分は決して動かず、安全地帯で
手遅れになるまで時間をつぶすだけ」という、確かに、そして実に!いやらしーい戦術を展開。
三途の川の水を増やすための方法を鑑みるに、かなり有効なんじゃないでしょうか、これ。
魂を丸飲みする妖怪ということで、『幽遊白書』の剛鬼を思い出したりしましたが、
戦術はキルバーンです。
「死ぬ方と死なれる方。どっちが苦しいのかな…?」
まさに外道!

■ことはを救え
わずかな間ですが、意識を取り戻すことは。魂ないのに、なんで…。
他の被害者は完全に植物状態っぽいのに。変身した状態で魂を抜き取られたので、
アヤカシの術が緩和されて少し残ってたんでしょうか。

三途の川に引きこもった敵を追う手段などはなく、気ばかり焦るシンケンジャー一同。
そこに、すっかり「外道衆のテーマ」と化した太夫の三味線曲とともに現れた腑破 十臓。
おめあてのシンケンレッドに冷たくされ、気を引くために仕方なく
「生きた人間が三途の川に行く方法」を教えて…くれた…のですが……。
生きた人間が三途の川へ行く方法は、三途の川に入ること…て、いや、え?
生きた人間が三途の川へ行くには三途の川に入る必要があって、
その三途の川に入るためにどうやって三途の川へ行くのん?
なんか、北欧神話のレーヴァテインみたいなことになってます。結局無理ってこと?
外道と化す覚悟を決めたのはいいとして、丈瑠たち、実際どうするつもりだったんでしょうか?
実践者である十臓に訊くにしても、十臓、
丈瑠たちが結論を出す前にどっか行っちゃいましたし…。

まあ、多少の引っかかりはありますが、このシーンの熱さを見れば、
そのあたりのことは積極的に目をつぶろうという気にはなれます。
人の道を外す、だから“外道”。
ことはを救うため、外道に身を落とすこともいとわない千明らに、使命を忘れるなと釘を刺す丈瑠。
実際には、ことは以外にも53人もの被害者が出ており、彼らを助けることにもなるわけですから、
必ずしも私情のみということもありません(さすがに、少殺多生とはいかないでしょうし)。
丈瑠が敢えて「建前」を口にしたのは、
千明らにそういった名分を与えないためでもあったのかもしれません。
丈瑠の真意を千明が見抜くくだりも、第九幕で
「いつまでも殿さまの顔崩さねぇから、こういうの100パー信じられねぇじゃねぇか!」
などと言っていた頃とは、絆と信頼の強さが全然違うことがよくわかります。

悲壮な決意を固めた一同に、無意識に待ったをかけながら現れた源太。
それと同時に、流れていた悲愴なBGMが跡形もなく消え去ったのには笑ってしまいました。
いつか、源太がこのBGMを背負う日はくるのでしょうか。
ちなみに、十臓とは入れ替わる形での登場ですから、まだ十臓が外道衆とは知らない源太。
このことは後々への伏線になっているんでしょうか。

さて、源太の策とは、「海老折神を完成させること」でした。茉子姐さん、要約しすぎです。
なんとなく成功したようですが、相変わらず解るような解らんような説明でした。
まあ、先の戦闘で、源太が普段とは異なる秘伝ディスクを使っていたこと、
源太だけが一太刀浴びせていた(他の面々の攻撃は全部かわされていた)ことは確かで、
わけのわからぬ力技展開にも、可能な限りの工夫はしている『シンケンジャー』です。
他の4人が一生懸命モヂカラを発動しているのを尻目に、ひとり、
ケータイをぎょんぎゃんぎゃんぎょんぎゃんぎゃんと鳴らしているだけの源太が笑えます。
ィラッシャイィ!」や着メロもですが、その操作音も何とかしてください。
病みつきになりそうで困ってます。

■エビ
ジョウズシオーではなくダイカイオーでした。イカとも合体しませんでした。
書き込むモジは「エビエビ」ではなく「カツカツ」でした。
予想はなにもかもはずれました。つうか「」て。

あー、なるほど。今回は
源太専用ロボ・ダイカイオーのお披露目をできるだけ自然な形で、かつ印象的に行いたい。
  ↓
シンケンオーを出動不能にすることで、ダイカイオーの必要性を演出。
ひとりでも欠ければシンケンオーは出せないため、メンバーの誰かを行動不能に。
  ↓
それだけじゃあんまりなので、釣りあいを取るため、誕生日ネタで明るい要素を。
という意図による話づくりだったんですね。
安易に2体同時出動させるのでなく、ダイカイオーを「頼みの綱」に仕上げたわけですか。
それはおおいに賞賛したいところですが…ちょっと、巨大戦が長すぎたと思います。
ダイカイオーの東南西北モードチェンジもある程度見せたかったからなんでしょうけど。
時間が長いだけでなく、テンポも悪かったせいで、ただ冗長なだけになってしまっていました。
内容的に「強敵との激戦」とかだったなら、長くなっても問題ないんでしょうが、
そういうわけでもありませんでしたし。太巻き光輪て。ウルトラマンが泣くよ。
今ある状況で使用可能な最大戦力であるダイテンクウを、支援要員としてしっかり出してきたのは
さすがですが、それによって、いちはやく大変化折神で戦う判断を下していた茉子だけが
置いてけぼりになっていた
のがなんとも皮肉です。

そのダイカイオーのフォームは、当然のごとくエビに見立てているようで
【東】
エビのハサミを腕に模した格闘タイプですね。
完成ボイスは「とーうとーう、東ィーッ!」ですが、これは「到頭」の意味なのか、
「とーう!」というヒーロー的掛け声を繰り返している形なのか、どちらでしょう?

【南】
エビの触覚をモチーフにした二刀流。
「なんと、南ィーッ!」なんとて。

【西】
エビの尾をかたどった扇。防御重視タイプ? テクニカルタイプ? スピードタイプ?
「うおっシャー、西ィーッ!」東西南北でなく、東南西北としたのは、こいつのこれが理由です。
別に、趣味に走ったわけではないんです!
…どうして、「西」が「シャー」なのか解らないお子さまは、お父さんにでも訊いてください。
今夜、デカピンでつままない?」って。

【北】
今回は未使用でした。残ったエビの部分で使えそうなのは…背(殻)か肢あたりでしょうか。
前者なら完全防御特化、後者なら…なんだろ? 至近戦用エビ肢ベアハッグなんておぞましい技
じゃないだろうし。ないのは遠距離攻撃用のモードだけど…。肢を針状に飛ばして攻撃とか?
完成時ボイスも、「ペッ、北ァーっ!」だったら大爆笑なのですが、まあ、「キター!」でしょうね。

■ことはの誕生パーティ
無事に意識を取り戻したことは。なかなかパーティに反応を示さなかったので、
ウチの誕生日、来月やけど…」というオチかとヒヤヒヤしました。
みんなで拍手してる時の流ノ介の手の動きが異常
なんだそのムーヴは。俳優さんのアドリブだったりするんでしょうか? それはそれで何ですが…。
スシケーキに使われているのは、またしてもエビ、イカ、マグロ、サーモン、タマゴの
安皿(縁に色がついてるだけのイメージ)オンリーコース。
例え祝いごとであっても、安物以外はおごる気ないようです、源太。

■おどろきのてんかい!?
おどろきのてんかい!!
わざわざ盗んだイカをクーラーボックスに入れる海東も最高におもしろかったですが、
士、立場ないな。まあ、このネタがやりたかったから海東が選ばれたんでしょうけど。
これが話につながるのかな? それとも、本当にただの予告用小ネタ?
さすがに、来週はお休みですか。残念は残念ですが、
俳優さんはじめ、スタッフ方の撮影スケジュールを考えたら仕方ないですね。


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ←お気に召しましたら一押しお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hakobore.blog85.fc2.com/tb.php/31-ded11365

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。