スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侍戦隊シンケンジャー第17幕感想 

ようやく第十七幕の感想です。
色々あって、なんだか情緒不安定な文章になってしまいましたが、
イカ、どうぞ。

 
第十七幕 「寿司侍」

脚本担当に、ディケイドの電王編と劇場版の方の仕事を終えた小林靖子先生が復帰。
まあ、戦隊は1年通してひとりの脚本家が書き抜いたことは確かなかったはずなので、
必ずしも上のような事情ではないのかもしれませんが。
とにかくこれで、違和感があった各キャラ(特に丈瑠と流ノ介)も元のイメージに戻りました。
ただ誤解のなきよう言い添えておきますが、サブライターの方々の書いた脚本でも、
批判するほどにキャラが崩れていたと思っているわけではありません。
あくまで一部に違和感があった、というレベルです。
つくづく俺って小林先生のファンなんだと思います。

「(アヤカシセンサーは)故障するようなもんでもない」というのは突っ込み対策でしょうね。
作中人物が、故障の可能性を考慮しないわけにはいかないので。
ただし、「どういう理論で?」とまでは考えてはいけません。

結界で守られているという志葉邸。いずれ強力なアヤカシが結界を破って侵入し、
屋敷内でチャンチャンバラチャンバーラという展開もあるかな?

唐突に前転受身して身構えるも異常なし、という奇行を繰り返し見せても、
「殿があそこまで気にするということは、やはり何かあるのかも」と
考えてもらえる丈瑠はやはり信用ありますね。
流ノ介や千明が同じことをしても、ほっとかれるだけでしょう。
現に千明は、偽物騒動の時はまさしくその通りでしたし。
今回もまた、「(“近日見参”するのは)まさか外道衆ってことはないだろう」と
根拠のない楽観論を述べようとしてことはに途中でつぶされてます。ひどい。
茉子なら丈瑠に近いレベルで信用してもらえそうですが。
ことはは…どっちもありえそう。

ちなみに、丈瑠が書き取りしていたのは、
「近江の海 夕波千鳥 汝が鳴けば 情けもしのに 古思ほゆ」
「信濃道は 今の墾道 刈株に 足踏ましむな 沓はけ我が背」
前者が柿本人麻呂、後者が東歌。
いずれも万葉集に記載されているものらしいです。
侍としての修練の一環なのか個人の趣味なのか判りませんが、
日頃からこんなことやってるんでしょうか、丈瑠…。
「斬」「」という文字をあしらったシャツともども、気になって仕方ありません。
慣用というほど確立されたものではありませんが、
名剣を表す「(鉄などの硬いものを)泥のように斬る」という言葉にちなんでいるのでしょうか?
右下の方にもロゴマークのような模様とともに
「泥」から始まる4文字ほど書いてあるのですが…2文字目は「棒」?
3文字目は判りやすく「日」で…最後は「記」? 泥棒日記?
フランス文学…ではなく、どうやら服飾ブランド名のようです。
WEBサイトもありましたが、商品リストに同じものはありませんでした。残念。

ギャグ担当という認識が深まって№2の座を茉子に奪われるわけにはいかんと、
率先して指示を出す流ノ介。
きちんと清浄之谷のことも知っており、ポイントアップをはかります。

丈瑠を覗くシタリとイサギツネのやりとりもいいですね。
結果としては見当外れには違いありませんし、
視聴者も「たぶんそれは違うよ」と考えるでしょうが、
外道衆としてはそう推測しても決しておかしくありません。
丈瑠の妖術破りとそれを逆手にとっての誘導作戦も理に適ってましたし、
こういうところは大人でも納得して楽しめます。

駄目だよ、待ち伏せはちゃんと橋を通り過ぎた地点でしないと
そうすれば橋を渡った千明が後方を塞げたのに…と、
やっと6人目の話。なんですが…正直、きつい
すっぴんもきついが、変身してもきつい
シンボルとなる文字は「日」と「月」が加わって一週間になるかと思ってましたが、「」でしたか。
まあ、いるのは「金」でなく「天」ですから、もともと五行でも一週間でもなかったわけですが。
「天」なのは「風」だと画数が多すぎるゆえの代用ですね。
………。
はい、わかってますよ。
「米」でなく「光」ですね。
「光」だからゴールドで、ゴールドだから「光」で、
「光」だから光り物と掛かって寿司で、寿司だから源太なんですよね。
でも、寿司であり、一見そう思えてしまいそうな文字の作りからして、
「米」にも掛かってるのかもしれませんね。掛かってないのかもしれませんね。
逆手の居合いはかっこいいですし、サカナマルもまあ許容できますが、
あの「ィラッシャイィ!」だけは本当に何とかならなかったんでしょうか
6人同時変身の時とか、間違いなく
ィラッシャイィ!」だけが高らかに響き渡ることになるんですが。
正気かと問いただしたいんですが、
こういうのの裁量権ってどこにあるんでしょう?
原作? 監督? プロデューサー? バンダイ?

呆気に取られたシンケンジャー+イサギツネの漫才とか、
ひとりで「逆手一文字…なんて邪道な剣だ…!」と呻いておいて
全く説明する気はない流ノ介とか、
テクニカルでおもしろい戦い方のイサギツネとか、
その辺りはいつも通り質が高かったんですけど、
どうにも引っ掛かって素直に楽しめませんでした。
今の5人組が大好きなだけに…ムググ。

侵略! イカ折神
操縦席の後ろにかかっている書が「馬賊」に見えて仕方ありません。
屋台を引くさまと掛かって…はいないか、さすがに。
イサギツネのあれは、超高速移動とかじゃなくて本当に消えてたんですね。
屋台の水槽にはイカともう一体、折神らしきものがいますけど、
何でしょう、これ?
間違いなくイカと合体してジョウズシオーとかになると思うんですが…
(パワーアップ形態はトクジョウズシオー
寿司ネタならエビとか? 貝類ではなさそうですし。なさそうで寿司

ここから数話の内は源太メインの話が続くでしょうね。
丈瑠の幼馴染ということで、間違いなく過去の話、
特に丈瑠の素顔に関するエピソードに深く関わってくるキャラでしょうし、
今まで空席だった彼の相棒ポジションにも源太が納まるでしょう。
となれば、必然的にメイン話以外の時も出番は多くなり…と、
第一印象はかなり悪いと言わざるをえないだけに、
現状では不安だらけですが…
それでも小林先生ならきっとなんとかしてくれる…といいな。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hakobore.blog85.fc2.com/tb.php/5-06840e17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。