スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ2010年20号感想 

こうしてめいっぱい遅れて土日に更新して、変にアクセス数が多かったりすると、
早売り感想と勘違いして来てる人がいっぱいいるんじゃないかと不安になってしまう。
た、例えそうだとしても、俺は悪くないからねっ!?
ちゃんと記事タイトルにも号数、話数明記してるからねっ!?

と自己弁護したところで、ジャンプ感想は以下からどうぞ。
『HUNTER×HUNTER』『ONE PIECE』は別記事にて。


 ぬらりひょんの孫
唐突に始まる日本昔話ならぬ妖怪むかし話。ぼうやよいこだなねんねしな。
茨木童子の過去なわけですが、wiki情報と照らしてみるに…
“摂津説”にアレンジを加えたもののようですね。
このおはなしがどれだけの期間に渡ったものなのかは不明ですが、
茨木童子が暴れ回ったとされるのは平安時代の話である模様。
となれば、400年前の時点で既に結構な古株であったということになりますね。
生まれながらに歩き、鋭い歯が生え、恐ろしいほどの暴れん坊だった彼を
崖から蹴り落として追放する村人たちの図がシュールすぎて笑い転げました。
やっぱり一番強いのは人間なのであるな。

有名妖怪酒呑童子は故人でしたか。
「おまえが」「茨木童子かぇぇ!?」
「どうじゃいい面構えじゃのう」「わしの息子にならんかええ!?
椎橋先生は、相変わらずセリフのつなぎがおかしいと思います。
どう考えても「どうじゃ」と「いい面構えじゃのう」は順番逆じゃないかええ!?
「“鬼子”という字は」「“息子”に似とるのう!!」
その発想はなかった。
確かにシルエットというか、パーツパーツは似ています。
鬼子息子 こうやって太字にして詳細ぼかすと結構…。
“白ひげ”もこんな感じで息子たちを誘っていったんですかね。
ここしばらく、じいさんの壮絶死、大切な人を救えなかった主人公とその精神崩壊など、
『H×H』と『ワンピース』のシンクロニシティが話題になったりしていましたが、
ここにきて『ぬら孫』も参戦。

「人々から忌み嫌われ続けていた茨木童子は」「初めて受け入れてくる者に出会いました」
………髪結床屋のおじいさんは…?
路頭に迷っていたところを拾ってくれて、手に職まで就けてくれた恩人が
数に入っていないのは、あまりにひどいんじゃないかええ!?
でも、明らかに“仏斬鋏”は床屋時代に得た経験が実を結んだ能力だと思われるので、
おじいさんも報われたと言えなくもないこともなきにしもあらず。

その酒呑童子は鵺に刀をいっぱい刺されて殺されてしまったようですが、
茨木童子が特にそのことで鵺を怨んだりしている様子がないのは、お母さんのアフターケアの賜物。
羽衣狐は確かに余興好きですが、血を見るのが好きなどという描写はあったかな?
案外、茨木童子を引き込むための腹芸だったりして…。
鵺はしゃべり方やシルエットからして女に思えますが、
これでまた羽衣狐級の存在感の敵キャラが登場したりしたら、
ますますリクオサイドの存在感が危なくなります。
今でさえカナ?誰それ?なのに…。
まあ、現代でも女の姿で産まれるとは限らないんですが。

というわけで、皆大好き茨木童子のは、なんと敬愛する父親の卒塔婆でした。
……うーん、普通に熱い話すぎて逆にいぢりにくくなってしまった。
真の力を解放して圧倒的戦闘力を見せつける茨木童子。
そこへ鬼童丸、秀元くん(あと、ゆら)までもが参戦し、結構な大ごとになってきました。
封印の杭が刺さったのって、毛倡妓にじゃないよね? この後、姿が見えないんだけど…。
あと、刺された毛倡妓見て思い出したけど、冷麗と土彦はどうなったの?
そして、先週号の感想でもヨコのつながりを重視し始めたのではと推測しましたが、
ここで茨木童子と鬼童丸が、“鬼”のつながりを展開。
いいなあ。いいよ、それ。
でも「またお前か 秀元!!」ゴゴゴのコマは何故か笑えて仕方がない。

もう妖怪なんぞよりよっぽどうさんくさい存在と化してる秀元くんも大概ですが、
その秀元くんに音頭を取ってもらってようやく啖呵をきるゆらの頼りなさもちょっとしたもんです。
……花開院一族って、蘆屋道満(wiki)の系譜なのか。ちょっと意外。
いや、何が意外ってこともないけど、なんとなく意外。
安倍晴明に敗れて播磨に流された後、えっちらおっちら苦労して京都に返り咲いたんですかねえ。


 スケットダンス
解決方法は普通…というか、着替えと同じ手段なのが残念でしたが、
いたたまれなくなって逃げ出すスイッチや、
思わず泣き出してしなうボッスン、ヒメコ両者の心情が痛いほど伝わってきて、
そこはおもしろかったのでまあよしとしときます。
だよなー。泣くよなー。
俺もあの時は、衝動的に看護婦張り倒しそうになったもんなー。


 めだかBOX
知識披露とか戦術論とかはもう「無理すんな」と言いたくなるようなアレですが、
今週はちょっとおもしろかったです。
主に、今まで鬱陶しくて仕方なかっためだか嬢のキャラにようやくツッコミが入った点がですが。
キカイジマ嬢の述懐描写もよかったし、遊園地の件がちゃんと伏線してのも。
でも、野球を全く知らないってのはネタのチョイスミスですね。
野球なんて、ある意味国技である相撲よりも日本で盛んなスポーツですよ?
新聞での扱いも日常的に開催されてる競技としては最も大きいよ?
彼女、記事の差し替えにも気づくほどに新聞精読してるんでしょ?


『HUNTER×HUNTER』第305話感想も読む
『ONE PIECE』第581話感想も読む


にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ←お気に召しましたら、一押ししてくださると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hakobore.blog85.fc2.com/tb.php/98-6cc2abdf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。