スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察 : クロコダイルの “弱み” とは 

単行本第55巻。 詳細な各話表記にして第540話 「Lv.6 無限地獄」。
インペルダウンを脱し、海軍本部行きを決意するモンキー・D・ルフィに、
世界政府と白ひげ海賊団の戦争に興味をもった
元 “王下七武海” サー・クロコダイルが同盟をもちかける。
「自分が協力すれば、インペルダウン脱獄は容易である」 と。
過去の因縁から、当然ながらクロコダイルを信用などできないルフィに、
彼の護衛を買って出ていたエンポリオ・イワンコフは、その申し入れを飲むよう提案する。
それに際するルフィとイワンコフのやりとりが以下である。

onepiece_33.jpg

「ちょっと昔ね… コイツがまだルーキーと呼ばれた時代……!!」
「大丈夫よ 万が一ヴァターシ達を裏切る様な行動に出ても」
「ヴァターシが抑え込むから… 一切 信用できないけど…」
「ン~フフフ ヴァターシはコイツの“弱み”を一つ握ってる…!!!」

倒置がひどすぎて、ともすると何を言っているのかよくわからなくなりがちだが、
要は 「自分がクロコダイルの弱みを握っている以上は、裏切られることなく協力関係を結べる」
ということである。 話があちこち飛びすぎだ。

一方、そのイワンコフに対するクロコダイルの反応が下で、
更に左がイワンコフがいることに気づいたとき、
右が先述の “弱み” を俎上に挙げられたときのものである。
  onepiece_32.jpg onepiece_34.jpg

憤怒の他に若干屈辱感が混じっているように映るのは当然のことではあるが…
ものすっごい怒ってる。 顔見ただけで怒り爆発である。
別にまだ “弱み” をバラされたわけでもないのに、ややもすると怒りすぎなくらい怒っている。

このクロコダイルとイワンコフの コント 一幕に、彼の “弱み” に関して当時、
読者の間で様々な憶測が飛びかったが、最も多く見られたのが、
イワンコフの能力に注目した
「クロコダイルは、イワンコフの手によって男性にされた元女性」 であった。

だが結局、インペルダウン編はおろか、
マリンフォード戦争編を終えてもその正体が明かされることはなく、議論も自然、収縮していった。

しかし、私はあきらめることなく真相を追い続けた結果、
先行研究と新資料を組み合わせた、まったく新しい仮説の構築に成功した。
今回は、それを発表したいと思う。
 
続きを読む

半魚野郎が見た夢 

世界中をその支配下に置く “アーロン帝国” 建国の野心を胸に、
“偉大なる航路” よりやって来た怪物・魚人アーロン。
“東の海” 最強といわれる首領・クリークさえも凌ぐ力をもつ…のは結構だが、
何故、その野望の根拠地に “東の海” を選んだのか。
世界の全てを支配すると豪語しながら、
何故その最初の足がかりに最弱とされる “東の海” を選んだのか。
いきなり日和っているのではないのか
たまたまなのか、それとも他に理由があるのか。

今回は唐突に、この疑問を解いてみたいと思う。

続きを読む

ワンピメモ その3 - かいぞくしろひげ オニよりこわい 

まとまった考察をするには情報が足りない。
なんらかの仮説の材料にはなりそうだが現状では使い道がない。
いずれ答えは明かされるのであろうが今はわからない。

そんなちょっとした布石や伏線、あるいはそうと思われる描写を、
備忘用に書き留めておこうと思います。

ネタバレは 「ジャンプ最新号」 に常時沿っているので、
コミックス派の方はご注意ください。
続きを読む

ワンピメモ その2 - 交叉する双剣 

まとまった考察をするには情報が足りない。
なんらかの仮説の材料にはなりそうだが現状では使い道がない。
いずれ答えは明かされるのであろうが今はわからない。

そんなちょっとした布石や伏線、あるいはそうと思われる描写を、
備忘用に書き留めておこうと思います。

ネタバレは 「ジャンプ最新号」 に常時沿っているので、
コミックス派の方はご注意ください。
続きを読む

ONE PIECE メモ 

まとまった考察をするには情報が足りない。
なんらかの仮説の材料にはなりそうだが現状では使い道がない。
いずれ答えは明かされるのであろうが今はわからない。

そんなちょっとした布石や伏線、あるいはそうと思われる描写を、
備忘用に書き留めておこうと思います。

今回は 「ロジャーの生い立ち」 について。
いきなり大仰な表題だけど、上記のとおりそれほどたいした内容ではないよ。

ネタバレは 「ジャンプ最新号」 に常時沿っているので、
コミックス派の方はご注意ください。
続きを読む

俺たちはとんでもない思い違いをしていたのかもしれない 

俺たちはというかまあ、俺はなんですが。

内容は、現時点でほぼ一般化している (wikiにも記されている
「エースのタトゥーの “Sに×” はスペルミスを修正したものである」
という通説に関する考察です。

なお、2010年6月現在での単行本未収録分の内容を多分に含んでいるので、
コミックス派の方はご注意ください。
続きを読む

マリンフォード戦争通信簿 ~ 白ひげ海賊団編 

マリンフォード戦争に参加した、主だったキャラの行動批評です。
第3回の白ひげ海賊団編は、
“白ひげ”、マルコ、エース、ジョズ、ビスタ、クリエル、アトモスの7名。

なお、白ひげ海賊団は目的を達せられなかった 「敗者側」 であるため、
貢献度の最高は 「抜群」 となっており、評価も若干厳しめです。その他の違いは特になし。
変なところにばかり気を回しています。

続きを読む

マリンフォード戦争通信簿 ~ 王下七武海編 

マリンフォード戦争に参加した、主だったキャラの行動批評です。
第2回は“王下七武海”編として、
ミホーク、くま、ドフラミンゴ、モリア、ハンコック、ティーチの6名。

前回断り忘れてしまいましたが、フォントサイズ 「小」 で調節しています。
ゆえに、「中」 以上ですと、レイアウトが崩れてしまいます。ご了承ください。

また、2回目にして既に凡例をいくつか無視していますが、それもご容赦ください。
では、色々とご容赦いただいたところで以下どうぞ。

続きを読む

マリンフォード戦争通信簿 ~ 海軍幹部編 

マリンフォード戦争に参加した、主だったキャラの行動批評です。
とりあえず第1回は海軍幹部編として、
センゴク、ガープ、クザン、ボルサリーノ、サカズキの4名。


 【凡例】
・名前
キャラクターの名前です。
わざわざ説明するまでもなかった
ちなみに、最初は二つ名も掲載してたんですが、
なんかゴチャゴチャして見づらくなってしまったので削除しました。

・勢力
大別して「海軍側か白ひげ側か」です。
ので、厳密にはいずれとも別勢力である“王下七武海”“インペルダウン組”なども、
目的によってどちらかに振り分けてあります。

・印象度
シリーズ内で示したインパクト。
戦況への影響とは無関係に、また、それがよきにつけてか悪しにつけてかも無関係に、
とにかく読者の印象に残る何かをどの程度行ったかどうか。
大きい順に[絶大/抜群/充分/月並/不充分/皆無]の6段階。

・貢献度
戦争における自軍への貢献の度合い。
戦況への影響を最も重視しており、誌面での扱いの大小とは基本的に無関係です。
段階分けは「印象度」と同様。

・戦後状態
ちょっと回りくどい言い方ですが、要は戦争が終わった時点での被ダメージ状況です。
体力の消耗は考慮外です。
以下の6段階。
[死亡]… 死亡が確定した状態。
[生死不明]… 死んでいてもおかしくないダメージだが、明示されていない状態。
[重傷]… 行動不能~瀕死。命に関わるレベル。
[負傷]… 命の危険はないが行動に影響が出るレベル。
[軽傷]… かすり傷~行動に影響が出ないレベル。
[無傷]… ノーダメージ。
      明らかに攻撃を受けていても、特に傷やダメージが見られない場合もここ。

・主な行動・功績
戦争中に取った主な活動実績。
そのキャラ自身が取った行為を主としており、
他者の行動の受け手に回った際のものは特に必要性を感じない限り省いています。
また、特記事項のないようなわずかな接触なども載せていません。

・総評
[大変よくできました/よくできました/ふつうです/がんばりましょう/もっとがんばりましょう]
の5段階。
そのキャラの、シリーズにおける総括コメントなんぞ書いてます。
評価基準に触れている場合もあり。


まあ、「凡例」などと仰々しく書きましたが、結局俺の主観というか判断次第なので、
あまり細かいツッコミは勘弁してください。
また、各評価表記をわざわざ5段階だの6段階だのと細分してしまうのも俺のサガなので、
あたたかく見逃してやってください。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。